コラーゲン飲料 効果

コラーゲンドリンクとは

コラーゲンドリンクはコンビニやドラッグストアなどにたくさん置いてあります。

 

栄養ドリンクなどとも同じ場合に並んでいて、種類も多いのでどれを飲もうか考慮してしまいます。

 

そもそもコラーゲンは化粧品などで多く表示されていたものでした。

 

コラーゲンとは真皮、骨などを構成しているたんぱく質のひとつで、体内のたんぱく質のうち3割近くを占めています。

 

体内での働きのほかに、化粧品や医薬品などに利用されます。

 

コラーゲンは繊維状の構造をしているので、体内の働きとしてさまざまな部位の結合を助けています。そのため弾力性があります。


肌に直接つかっても効果なし?コラーゲンとは

肌の真皮部分ではコラーゲンが多いと弾力のあるはりのある肌になるのです。

 

ゼラチンはコラーゲンの一種で、形を変えたものです。

 

ですから化粧品等では「コラーゲン配合」と表記されています。

 

粉末か水溶液などで使われます。

 

コラーゲンドリンクを製造販売しているメーカーは、コラーゲンの配合された化粧品を肌に直接つかっても、真皮部分にまで届かない。

 

だから口から体内に取り入れて、コラーゲンを生み出す力の補助的作用をするというようなことでコラーゲンドリンクを販売しています。

 

体にいい成分というのはどんなものでも勿論直接的に作用するワケではないので、コラーゲンドリンクもひとつの細胞を活性化するものとして捉えているようです。